朝の珈琲

f:id:Otora:20161218084838j:image

朝起きると一番に珈琲を入れます。

もちろん、超ブラックな一人暮らしの時には、そんな時間の余裕はなく、目も開かない状態でペットボトルのコーヒーを胃に流し込むのが精一杯でした。

 

Uは珈琲が大好きで、どんなに忙しい朝でも珈琲を丁寧に入れてくれます。珈琲豆の状態をみてお湯の温度や注ぎ方を調整し、まるで化学実験をしているかのように神妙な顔つきで、丁寧に丁寧にドリップします。

大雑把な私にはとてもとても…

 

しかしいつの間にか、朝の珈琲は私が入れるようになりました。Uのやり方を見よう見まねで入れてみたら、これが楽しくて仕方ない。

珈琲の味の違いなんて何飲んでもわからん!と思ってのですが、いやいやこの違いは何だろう?この違いの原因を考えるのが楽しい♬

まだ半人前の珈琲を、神妙な顔で毎朝味わってくれる人がいるからこそ、続けられるのだと思います。