読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アパートとさよなら

これまで暮らしていたワンルームマンションを引き払いました。今日は不動産管理会社への引き渡しで、最後の立ち入りです。

f:id:Otora:20161217114600j:image

空っぽになった部屋は、既に他人の顔をしており、これまでの暮らしを思い出して切なくなる、なんてことはありませんでした。

11:00 不動産管理会社の担当者到着。

入念に部屋中をチェックし始めました。

女一人暮らし、そう汚したり壊したりしていないし、敷金1ヶ月分入れてあるし、いくらか戻ってくるんじゃないか?とすら期待していましたが…

 

修繕費用、10万円ですと〜っ⁉️ 敷金分を差し引いても、五万円近い追加料金ですと〜っ⁉️

 

…その原因はタバコです。

⚫︎壁紙の汚れ

タバコを吸っていると経年劣化だけでは済まされない

⚫︎エアコンや換気扇

ニコチンが付着しているため、別途分解洗浄が必要

…等々プラスして行くと10万円になってしまうそうで💧

 

「どういうこと💢」

「おかしいんじゃない💢」

と食ってかかりたい気マンマンでしたが、1つ1つの項目に付けられた金額をみると至って常識の範囲であり、そんな無駄な体力を使っても、私がヘビースモーカーである痕跡は消しようもなく…

 

あっさりサイン

 

3年10ヶ月、この部屋と苦楽を共にしたのだ。
感謝しつつ、部屋を去ったのでした。