40代後半 就活戦争の終焉

40代後半になって、無謀にも無職の道を選び1ヶ月。
姐さんにご紹介いただいた会社から内定をいただき、ついに本日お受けする決意をしました。これをもって40代後半の就活戦争は幕を下ろしました。

ワーカホリックなマグロ女(常に動き回っていないと酸欠で死んでしまう)が1ヶ月もの間無職でいるのは本当に辛かった。家事やピアノに没頭している瞬間はまだしも、1日中集中していられるわけがなく、ふっとソファに座った瞬間、無力感、挫折感、焦燥感が襲い、いてもたってもいられなくなります。クマのようにウロウロと部屋中を歩き回ってみたり、やたらめったらタバコを吸ってみたり。こんな生活があと1ヶ月続いたら私はダメダメ人間になってしまいます。

しかしいざ「転職を決めたよ!」と報告すると友人は
「それってあなたが本当にやりたい仕事なの?」
「焦って仕事就かずに、じっくり探した方がいいんじゃない?」
「もっといい給料の仕事があったら後悔するよ?」
「こんなのんびりした時間、もうこの先取れやしないんだよ?」
「仕事のことはしばらく忘れて旅行とか楽しめばいいじゃなーい?」
と後ろ髪をグーイグイ引っぱります。

でもやっぱり私はマグロ女です。「焦って仕事に就いて失敗した!」と後悔することがあったとしても、これ以上タイクツな毎日に耐えるよりマシです。

そして、例え今より良い給料の仕事が出てきたとしても、良い給料をもらうにはそれだけのプレッシャーやストレスがあるわけで、結果を出さねばすぐに行き詰ってしまいます。負けず嫌いな私がまたワーカホリックに陥ることは言うまでもない。それでは超ブラックな生活から救い出してもらった意味がないのです。

仕事は人生にとってカケガエのナイものではあるけど、人生のスベテであってはいけない。えーかっこしぃの自己満足のために独壇場で仕事するのではなく、一緒に働く人、一緒に暮らす人、みんなを幸せにできる自分であり続けることが大事なのだと思います。

そして何より、定年退職後のマグロ女の生き方を考える余裕を持たなければ(笑)

炭水化物抜きダイエト

炭水化物抜きダイエットを始めて1年くらいになります。

一昨日の昼にUが作ってくれたパスタを食べましたが、パスタを食べたのはいつ以来だろう…。炭水化物の中でも一番目の敵にされているパスタはなるべく食べまいと、ずっと遠ざけていました。たった1食でも食べてしまえば何Kgも体重が増えてしまうような恐怖心…。そのくらいストイックに炭水化物を絶ってきたお陰か、今では苦もなく、無職になって運動量が激減しても体重をキープしています。

先日、美容院で「炭水化物抜きダイエット」の本を手にしました。
「炭水化物を絶つと太らないらしい」という情報だけでなんとなく炭水化物ダイエットを始めましたが、これまでこの手のハウツウ本を読んだことがなかったことに気付き、白髪が染まるのを待つ間に読んでみることにしました。

それによると
とにかくタンパク質をとっていれば太らない。1日のタンパク質の摂取量は両手の平を広げた分が目安。鶏のムネ肉なら2枚分ですね。それ以外に卵2個と、植物性タンパク質(豆腐や納豆など)なども積極的に取るべきだと。…結構な量ですよ?

その本を読んでから、冷凍庫には鶏ムネ肉が常時ストックされています。私は豚肉牛肉より鶏肉が好きだし、鶏ムネ肉はコスパも良いので経済的にも助かります。淡泊な味のムネ肉は和洋中どんな料理でもアレンジができ美味しく食べられるので、飽きることもありません。

そして炭水化物を絶って思うのは、お腹が空かなくなったこと。
大食漢な私は、昼に大盛りのご飯を食べても4時くらいにはお腹がグーグー鳴っていました。でも炭水化物なしでお腹を満たすと、4時になっても空腹感がありません。

もともと夜はアルコールメインでおつまみしか食べないので、おつまみは大量に食べています。揚げ物もあれば油炒めもありますが体重はキープしています。

しかし。内脂肪率は増えていますね…💧

これはお酒のせいか?
炭水化物抜きダイエットのせいか?
単なる加齢によるものか…?

経過を見守る必要がありそうです。

Uに「一緒に炭水化物抜きダイエットをしよう!」と毎日説得しているのですが、大の炭水化物好きで。うちで炭水化物を我慢させるとランチでラーメン大盛り&チャーシュー丼セットなど「炭水化物祭り」を繰り広げてしまいます。痩せたい~痩せたい~と言うけど炭水化物は止められない典型。
年明けの健康診断に向けてダイエットすると言ってはいますが、体を動かして痩せるのは年とともに難しくなるし、食べたいものが食べられずにストレス溜めるよりは、量に気を付けながら、炭水化物と程よいお付き合いをさせる方が良いのかもしれませんね。

クリスマスプレゼント

Uが24日、25日お仕事なので、23日を2人のクリスマスにしました。

私のクリスマス企画があって、18:30には末広町にいないといけないので、その前に秋葉原でUにクリスマスプレゼント「腕時計」を買ってもらいました (´∀`*)

私は買い物が苦手で、悩んでいるとすぐ「もういいや…」という気分になってしまうので、Uがこれ!と選んでくれた薄くてシンプルでエレガントなSEIKOのものに決めました。腕につけてみると軽くてしっくり馴染み、とても気に入りました。

f:id:Otora:20161225191126j:image

それから秋葉原をブラブラして、Uの小腹を満たしに喫茶店でコーヒーとモンブランをいただいた後、私の企画を実行するため末広町まで歩いて行きました。

目的地に着きましたが、まだ小一時間あったため、向かいの「てけてけ」で時間を潰すことに。いつもなら小一時間でビール3、4杯は軽々飲み干す私ですが、今日はガマンガマン

…と思いつつ、ビール2杯💧 大丈夫か、私???(笑)

時間になったので店にUを残し、私は目的地に向かいました。

私からUへのクリスマス企画。
Uにピアノの生演奏を聴かせるため、ピアノスタジオを予約していました。

電子ピアノと生ピアノでは、鍵盤のタッチも譜面台の高さも違うので、本当は少しリハーサルをしたいところでしたが、そんなに待たせるとUが出来上がってしまうため、とりあえず一曲だけ流し弾き…

うわ~、やっぱ鍵盤重い💧 譜面台高い💧

不安いっぱいでしたが、Uを迎えに行きました。

Uをスタジオの部屋に連れ込むと、心臓がバクバク。小さい頃から発表会やコンクールのステージで鍛えた心臓がこんなにバクバクするなんて、思ってもみなかった。

ピアノの横にUを座らせ、息を整え、演奏スタート!

本日のプログラム

1.ムーンライトセレナーデ
2.スィートメモリーズ(松田聖子
3.ラストクリスマス(ワム)
4.PRIDE(今井美樹
5.糸(中島みゆき

生ピアノの迫力に圧倒されながらも、徐々に自分を取り戻して行きました。そして2曲目に入ると、Uがすすり泣いているのがわかりました。感動してくれたのです。

「お前がまたピアノと向き合えて良かった。
こんな姿が見れて、俺はほんとうに嬉しいよ。」

私にとって、最高の一言です。 そして演奏終了後、薔薇の花束を渡され・・・

f:id:Otora:20161225103418j:image

内緒に企画を進めてきたつもりだったけど、バレバレだったのね…
Uほんとうにありがとう!あなたがいなかったら、今日の私はいなかったのだよ。

企画完了! よーし!飲にみ行くぞーーー!

f:id:Otora:20161225192313j:image

そしてこれが私たちのクリスマスディナー(笑)
神田近くの居酒屋さん。洒落たレストランじゃなくてもいいの。私たちが一番くつろげる店が良いのだ。さすがに店は貸し切り状態でしたw
この後仕上げに、神田でラーメンとつけ麺をシェアしおうちに帰りました。
最高のクリスマスでした。

豆苗 収穫

f:id:Otora:20161223125631j:image

豆苗が3階層目まで伸び、ようやく収穫の時を迎えました。夏の時のような勢いはありませんが、か細いながらもシャキッとして美味しそうです。

f:id:Otora:20161223125816j:image

根元をカット。この後さっとお湯にくぐらせました。

f:id:Otora:20161223125852j:image

豆苗サラダの出来上がり〜!

<材料>

・豆苗
・きゅうり半分
・玉ねぎ1/4
ゆでたまご1個
・玉ねぎみじん切り入り自家製マヨネーズ

 毎日お水を替えて、大事に育てた豆苗ちゃんです。美味しくいただきましょう!

f:id:Otora:20161224095543j:image

メインはU作 アヒージョのオリーブオイルを再々利用した「海老とピーマンのパスタ」。私の大好物ばっかり入ったワガママメニューです。こういうのは外出では食べれませんね!海老の赤とピーマンの緑が、期せずしてクリスマスムードを醸し出してくれました。

老眼鏡デビュー

頭が良いわけでもなく、器量が良いわけでもないが「目だけは良い」のが私の取り柄でした。それが40半ば頃から老眼が忍び寄り、最近では書類を読む時、当たり前のように距離を取り、眉間にシワを寄せ、目を細めて見ている自分がいます。

健康診断の視力検査ではまだ両目1.0以上あって、生活にはまったく不自由がないことと、そしてなにより私は恐ろしいほどメガネが似合わないので、「まだまだメガネのお世話にはならんぞ!」と思っていました。

ところが、ピアノを再開すると老眼の深刻さが身に迫って来ました。文章なら前後の文脈がわかれば、ボヤッとしか見えない部分があったとしても「まいっか!」ってなもんですが、音符を見誤ると、トンチンカンな音をガーンっ‼️と発してしまうので耐えられないのです。

「いやー、まいりましたなぁ 笑」

前職でお世話になった社長さんにそんなたわいもない話しをしていたら「ほんなら、卒業祝いに老眼鏡買ったるわ〜」とおっしゃいます。

いやいやいやいや〜!

そんなん必要なら自分で買います~、といくら言っても「買ってやる言うたら買ってやる!黙ってプレゼントされとたらえーねん!」とそのまま車に乗せられメガネ屋さんに連行されました。

前述のように、目だけは良い私はメガネ屋さんに来たのは人生初です。その社長さんはメガネ屋さんの上客なようで、オーナーはじめ一同様でお出迎え。

まずは視力検査。近視やら乱視やら入るとレンズが高くなると聞いていたので、「普通に視力はいいんです。手元がボヤッとするだけで…」 と無駄な抵抗をしてみましたが、「はいはい、とりあえず調べてみましょうね🙂」というオーナー。

機械を覗き込んで、いくつかの項目で検査をしました。

f:id:Otora:20161224100314j:image

その後こういうメガネをかけさせられて、レンズをいくつも付け替えながら、見え方をチェックしていきます。

「視力も落ちてきてますね。右が0.9、左が0.7です。」

え?…1.0もないんすか?

「車の運転するとか、遠くが見えなくて困っているということがなければ、とりあえず手元を見るときだけ老眼鏡をかければいいでしょう。」

ということで、老眼オンリーに決定。

そしてフレーム選び。

オーナーと社長で勝手に10個くらい選んで持ってきてくれました。私の希望はいっさいヒアリングなし(笑)

かけてみると、メガネがほんとに似合わない私は、当然「フレームのないタイプが合う」ということで会場一致。

絞り込まれた2つの中で、社長が「これやこれ!これが一番似合う!ピアノの先生みたいや!」とピックアップして下さったフレームを見てみると、サイドにスワロフスキーが埋め込まれた一番ゴージャスなもの。恐る恐るプライスカードを覗き込んでみると

価格 160,000円 …???

私が老眼だからか?一桁まちがえてる? 目を細めてよーくよく見て見ても

160,000円 …どえーーっ!!

 f:id:Otora:20161225194014j:image

これが160,000円の老眼鏡です。
私のキャラクターとは程遠い高級感。これが似合う女にならねばいかん!

しかし、こうしてメガネをしてみると、自分の視力がどれほど衰えていたかに気付かされます。手元だけじゃなくて、少し距離が離れたところも見えてるつもりでいただけで、相当ボヤケテいることに気付かされました。近いうちに遠近両用にチェンジして行かざるを得ないのだろうな、と思います。

社長に背中を押してもらわなかったら、このクリアな視界を二度と見ることはできなかったのかもしれない。社長、ありがとうございます。

でも160,000円は高すぎやわ~(泣)

551のシューマイ

f:id:Otora:20161222090730j:image

大阪土産は「551のシューマイ!!

早朝からUが大阪へ日帰り出張に出かけました。「大阪行くなら551のシューマイ買ってきてほしいな…」と喉まで出かけましたが、大阪での打ち合わせが終わったら京都に行くというし、そもそもお仕事で行くのですからお土産なんか催促してはいけません。
それに551は新大阪駅のはずれの方に店舗があり、かつ、お持ち帰りコーナーはいつも並んでいるので、時間に余裕があるときでなければ買いに行けないのです。

はぁ~、最後に551のシューマイを食べたのは…もう3年前かぁ
ムッチムチに練り上げられた肉団、噛むとあふれる肉汁…
食べたいなぁ…食べたい食べたい食べたい!!!!

夕方になりお腹がすいてくると益々551シューマイが恋しくなってきました。今夜は一人飯だし、551のシューマイは無理でもスーパーでシューマイ買って食べようかな…と思い始めた時「京都はキャンセルになった。このまま帰るよ」とUからLINE。

ならば、551のシューマイ買ってきてくださいっ!!

やった!やった!3年ぶりに551のシューマイが食べられる~!

そしてついに「551シューマイ」がテーブル中央にドドーン!!と鎮座。
さすがのド迫力~。Uありがとう(*^▽^*)♡

<今日のサイドメニュー>
●ぶりのお刺身
●なんちゃってキャベツパスタ
ホンビノス貝のアヒージョを作った時の、美味しい出汁が染みたオリーブオイルで作りました。鶏むね肉は低温でじっくり火を入れしっとりジューシーに。炭水化物ダイエット中のため、パスタではなくキャベツを長細く切った”なんちゃってパスタ”にして低カロリーにまとめました。(By:U)

やっぱウマいわ~。大阪土産は551シューマイしかないっしょ??

551シューマイの思い出

かつてIT企業で営業していた時、月の1/3は出張生活でした。PC、プロジェクター、スーツケースを引きずっての出張はしんどかったですが、その土地でなければ食べられない料理や美味しいお酒に出逢う、という出張の醍醐味があり、今思えば至福の時でした。
そんなある日、営業事務の女子社員が「どうしてもお願いがあるんです。今度大阪出張の時に551のシューマイを買ってきていただけませんか?お土産じゃなくて費用は私がお支払いしますっ!お願いしますっ!」と必死な形相で言って来ました。当時私は551のことを知らなかったので「なんじゃそれ?」と言うと、551蓬莱のWEBサイトを見せ、どんなに551シューマイが美味しいかを力説します。

www.551horai.co.jp

「ん?ここって肉まんが有名なんじゃないの?」と聞くと「違うんです!シューマイがおいしいんです!肉まんじゃなくて”シューマイ”を買ってきてほしいんです!」と目を三角にする彼女。聞けば彼女のお父様が出張族で、よくお土産に551シューマイを買ってきてくれて大ファンになった、なのに一人暮らしを始めてからはまったく食べられなくなってしまい、当時頻繁に大阪出張していた私に目を付けて嘆願しに来たのだと言うのです。
くらっ!シューマイごときで上司をパシらせるたぁ上等じゃねーか!、てかそこまでして食べたい551シューマイって、一体どれほどのもんじゃーい!

翌週の大阪出張の帰り、彼女に指示された通り551のお持ち帰りコーナーに並んで、彼女に頼まれたチルドシューマイ5箱、新幹線で食べる用の蒸しあがったシューマイ1箱、試しにお土産用の肉まん1箱を買い、缶ビールを仕込んで新幹線に乗りました。

その日は苦労して作ったプレゼンはしどろもどろ、商談もまったくうまくいかずコテンパン、かなり落ち込んでいたのを覚えています。「クタクタだ…、なのにパシらされて。こんな荷物いっぱいある上にシューマイ5箱も抱えて帰らにゃならんのよ。」とため息まじりに缶ビールをプシュ。
そしてシューマイの箱を開けてみると、食べずともわかる美味しい匂いが漂いました。

…うまい(涙)

疲れ果てた体と心に染みわたる肉汁にどれほど癒されたことか。
すっかり病みつきになり、それから「551シューマイと缶ビール」は大阪出張帰りのテッパンになりました。今思えば、あの時勇気をもって私を551にパシらせた彼女のお陰です。

IT企業を退職して直近の仕事に転職してからは、出張はおろかアパートから職場まで片道徒歩5分の往復しかしない毎日でした。出張の煩わしさはなくなったけど、たまには出張して地方で美味しいものが食べたいなぁと当時を懐かしく思います。
誰か大阪主張に行くと聞くと無性に食べたくなって「551のシューマイ買ってきて~!」とお願いし続けていましたが、日持ちがしないだけに実際買ってきてくださる方がおらず、今日の再会まで3年の月日が経ってしまいました。

転職先では時々出張があるといいなぁ…。
大阪出張があったら、やっぱり帰りの新幹線で551のシューマイを食べよう!

ハトムギ効果 艶つや習慣

いつまで続く?肌トラブル

子供の頃からひどいニキビ症で、30代までニキビに泣かされました。40代になってようやくニキビが治まったと思ったら、今度はなに~?なんなのよぅ~?ひとつふたつとデキモノが出没し始めました。ニキビのように化膿してコジれる感じはありませんが、直に消えるかと思いきやいつまでたっても居座り続けます。皮膚科でもらった薬を塗ってみましたが一向に小さくならず、増殖してきました。

f:id:Otora:20161221085611j:image

お恥ずかしながら、私のスッピン肌。
この凸ってるのが居座り続けるデキモノです。凹ってるのは長年苦しんだニキビ跡…。凹を隠すのも一苦労なのに、凸まであるとより一層肌が汚く見えて、毎日うんざりしていました。

デキモノの正体

このデキモノは一体なにで、どうすれば改善するのだろう?
解決の糸口を探そうとネットで検索してみたら、私と同じようなデキモノの画像を発見。「むむむ?」…その記事を読んでみると、なんと正体は

イボ。

加齢によりお肌のターンオーバーが低下したことが原因で、脂肪がイボ化したものだと書いてありました。これもイボなのかぁ~?? だとしたら、そりゃ手ごわいわ。

ハトムギターンオーバー促進?

f:id:Otora:20161221093947j:image

お決まりですが、その記事でオススメしていたのがこの「艶つや習慣」

アクアビューティーの艶つや習慣 | 年齢とともに気になる目元・首元・胸元のポツポツ、さようなら

通販で販売しています。ハトムギエキスが肌のターンオーバーを促進し、使っているうちにイボがポロッと取れる、とあります。むむむuuu

肌トラブルを抱えている人間は、この手のコスメにイヤっちゅーほど騙された…は語弊がありますかねw、広告通りの結果が得られなかった悲しい経験があります。ニキビでは洗顔料、塗り薬、ファンデーション、サプリメントなどなど、一体いくら費やしたことか。正直どれひとつニキビが改善されたことはありませんでした。
30代半ばになると「どうせ何をやったってこのニキビは消えやしないんでしょ?」と悟りの境地に達し、一切なんのお手入れもしなくなりました。「女として”綺麗でいなければ”という呪縛から抜け出す!」「男として生きていこう!」と決めたのです。化粧はしない。メンズライクなスーツと靴で出勤。世の奇麗なお姉さんと私は別人種なのですから、比較する必要はなーい。
すごく気が楽になりました。
しかし40半ばになると、ニキビは治まったものの肌の色艶が悪くなり、老けて見られるようになってしまいました。これはいかん!!それからドクターシーラボのファンデーションだけは愛用しています。
ニキビケアで散財して裏切られた暗い過去を持つ私ですので、今までなら艶つや習慣の広告を見ても「またまた~w」くらいにしか思わなかったはずです。
…が、今は気弱き無職。すさんだ心に広告の宣伝文句がグイグイ浸み込んで来ます。食い入るように記事を読み、引き込まれ、な・なんと購入しちゃったよ~!
ふん!退屈ついでに、とりあえず1瓶だけ試してやろうではないか!その効果を検証したくて、購入直後に撮影したのが「▼使用前」の写真です。

▼使用前

f:id:Otora:20161221142351j:image

▼ 1瓶使用後f:id:Otora:20161221142256j:image

正直 、こうして写真を撮って比較してみるまで「やっぱり大した変化は期待できないじゃん…凝りもせずまた騙されたか…。」と思ってました。でも、こうして見ると少しは効果が出てますねw 広告のようにイボがポロッと取れたりはしませんでしたが、凹凸が目立たなくなってきたように見えます。
定期購入に登録していたため、1瓶目が終わりそうだなぁと思ったタイミングで、昨日2瓶目が届きました。1瓶目の効果を記録したくて記事にしてみました。

ハトムギブーム?

先日ドンキホーテに行った際に、ハトムギ系のコスメがたくさん出ていることに気付き驚きました。最近はあれこれ目新しいコスメに手を出すことがなくなったので気にもしていませんでしたが、ハトムギブームなんでしょうか?良く見てみると、どちらが元祖かわかりませんが、艶つや習慣によく似たものもあります。しかも艶つやより安いw。心が揺らぎましたが、少し効果が出てきているようなので当面浮気はせずに、艶つや習慣を使い続けてみようと思います。

ついでに、飲んでも効果があるというので「はと麦茶」も買ってみました。
女は貪欲www
最近はもっぱら「はと麦茶ハイ」で晩酌しています。